Reserve
Reserve

staff blog

お口直しのグラニテ

皆様、こんにちは!

大阪セントバース教会CUISINIERの中島です。

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回の料理ブログは「グラニテ」についてご紹介いたします。

グラニテとはフランス語で「ざらざらした」「ごつごつした」と言う意味で、

フランス料理のコースにおいて、お肉料理と焼き料理の間に

供されるシャーベット状の氷菓子のことです。

現在では、魚料理とお肉料理の間に供されることも多く、

口直しを目的にした物なので糖度は12~13度とあまり甘くないのが特徴です。

大阪セントバース教会では魚料理とお肉料理の間にそれぞれの味を楽しんでいただけるよう

爽やかな味のグラニテをお召し上がり頂けるコースもご用意しております。

ぜひ、ご堪能くださいませ!