Reserve
Reserve

staff blog

結婚式を行なうための貯金!どうやって費用を節約したらいいの?

結婚式のための貯金は0円…。

「貯金が足りないから結婚式は無理なのかな?」

と思ってしまうカップルは多いのではないでしょうか?

でもまだ諦めてはいけません!

 

今回は結婚式を行なうための貯金方法や結婚費用の抑え方についていくつかご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

1、貯金がなくても結婚式を挙げるためにはどうしたらいいの?

結婚式には様々なスタイルがあります。

もちろん、中には貯金が少なくても挙げやすい挙式のスタイルや費用を抑えてできる結婚式など。

まずは、その中から人気の2つをご紹介!

 

・格安プランを利用しよう!

結婚式にはオフシーズンと人気シーズンの2つがあります。

オフシーズンの日程では、格安プランを用意している式場もあるので要チェックですよ!

 

① 真夏や真冬の季節

② 平日

③ 連休の中日

④ 夕方~夜の時間帯

 

など。最近では仏滅を気にする人が減ったため、吉日などのお日柄も費用を抑えられるポイントです♪

 

・挙式のみスタイルの結婚式

結婚式は「挙式+披露宴」が主流ですよね!

結婚式にかかる費用のうちの数百万円の大半は披露宴の料理・演出などの費用です。

 

挙式のみのスタイルにすることでその費用を数十万円で抑えることもできます♪

中には、おふたりだけで式を挙げるカップルも。お二人だけなら、国内挙式で約20万円ほどなので、ふたりで結婚式を楽しみたいという方にはおすすめです。

2、計画を立てて貯金をしよう!

結婚式を行なうために貯金をしていないというカップルは多いことでしょう。しかし、今から貯金しても結婚式を挙げられる可能性は十分にあります!

貯金のコツをいくつかご紹介します。

 

・貯金をするコツってどんな方法?

① 共通の口座を作ろう

結婚を決めてお二人で貯金を頑張ろうと思っているカップルの方にはおすすめです!

同じ目標に向かってお二人で協力し合うことで、安心感や結婚に対する実感が湧いてくることでしょう♪

 

 

② 目標をしっかり立てる

「いつまでにいくら貯めるか」

など計画をしっかり立てましょう!

月に◯円やボーナスまでに◯円という明確な目標設定をすると良いかもしれませんね。

 

 

③ 日常生活内での節約

貯金は小さなことからちょこちょこ節約をすることで貯まっていきます。

例えば、「外食をなるべく避けて自炊をする」「遊びに行く頻度を少なくする」など。

あまり節約のことばかり考えているとストレスが溜まってしまうので、楽しみながらできる範囲で頑張りましょう!

 

3、結婚式にかかる費用を節約するためには?

貯金が貯まったけど、結婚式に使えるほど貯まっていない。そんなカップルの方に結婚式の費用の節約方法をご紹介します!

 

・結婚式費用を抑えるコツって?

① 人気シーズンをなるべく避けよう

結婚式の人気シーズンである5月、6月、10月、11月は費用が高くなってしまいます。

 

日程にこだわりがなく、費用を少しでも抑えたい方には、結婚式のオフシーズンである、1月、2月、7月、8月などがおすすめです♪

 

② スタイルやプラン内容を検討しよう

身内だけの挙式のみスタイルやフォトウェディングのスタイルなら費用を抑えることができます!

 

挙式もキリスト教式や神前式は費用がかなりかかってしまうので、費用を抑えたいのであれば、自由な形式の「人前式」がおすすめです♪

 

 

③ 自分たちで手作りや持ち込みを

ペーパーアイテム、ウェルカムボード、プロフィールムービーなどは手作りすることで費用を抑えることができます!

※式場によっては持ち込み不可な場合もあるので事前に確認をしましょう!

 

4、まとめ

いかがでしたか?

結婚式に向けての貯金の方法から結婚式で費用を抑えるコツをご紹介しました!

お二人で目標をしっかり立てて貯金を行なうことで結婚式までには十分な貯金ができることでしょう♪

どうぞ素敵な結婚式を♡